今回はブッタパークについてご紹介します!いつもは、一都市にスポットをあてて紹介していましたが、あまりにもブッタパークが衝撃的過ぎたもんでブッタパークのみご紹介します。

ブッタパークはラオス ビエンチャンにあります。

ブッタパークはここです

市内からブッタパークは
1バス
2トゥクトゥク
で行く方法の二つ存在します。料金的には圧倒的に1のバスですが、今回は二人で行動していることもありなるべく効率的にいろいろ回りたいということで車を一台チャータして周りました。

ブッタパークは市内から車で20分ほどで着きます。

 

 

園内に入ると違和感だらけにテーマパークです。

なんか見えてきました。

球体の置物が見えてきました。球体上には立っている人もいます。

球体の中に入ることもできます。悪魔の口?から入っていきます。

中に入ると、中で階層が分かれています。

こんな感じの階段が中に存在し狭いですが上下に動くことができます。

中にはこんな感じの彫刻が。

日本の縄文時期とかの土像見たいのが沢山置いてあります。

なにかを汲み取りたいのですが、なにも汲み取れない‥

まあ、なにかが込められているのでしょうw

階段を上へと上がると、公園全体を見渡すことができます。数々の奇妙の彫刻物とともに奥にメコン川見えます。高くはありませんが景色は綺麗ですね。

階層ごとで違いがあるようなのですが、なにも感じられなかったので外に出ました。

 

 

こちらは、像版阿修羅です。

個人的には、像の花と牙がワンピースのゾロの阿修羅弌霧銀に見えるのですが。

今見て思うのですが似てない‥ ワンピース中毒ですね

 

 

こんなものも。こっちの方が阿修羅っぽいかも。どうなんだか。手の上に乗っているのはなんでしょうか??まさか、これはカポネ・ヘッジでは?

体の中から兵隊が攻撃してくるかもしれません。

 

 

もうそろそろ何に似ているか書くのがめんどくさくなってきたので、さらっと行きます。

まず寝槃仏。様々な場所で見かけますがこのブッタパークにありました。

こちらは新体操中でしょうか。組体操とかでやりそうなポーズを決めていました。

 

 

 

長々とブッタ・パークについてご紹介しました。面白いパークでした。日本人にはまったくもって理解できない世界観ですが興味を持った方は行ってみてください!

ビエンチャン市内に関しては前に紹介したので今回は割愛し、次は自然の楽園Vang viengのご紹介です! 過去1オススメの場所ですのでお楽しみに!!

 

 

☆そもそも、TechPackersって?☆

自己紹介!!

2020年の目標!

☆たかしがお勧めするブログ☆

たかしおすすめブログ1位
東南アジア 最高峰 4095mのキナバル山 登頂! 〜たかし 2019春の旅②〜

 たかしおすすめブログ2位
自然の楽園 ラオス Vang Vieng(バンビエン)〜たかし2019春渡航⑨〜

 たかしおすすめブログ3位
世界遺産の街ルアンババーン で象乗り国家資格取得!〜たかし 2019春の旅⑩〜

☆TechPackersのSNS☆

Instagramはこちら

Twitterは こちら